2017年04月27日

サイドテーブル、マガジンラック、リモコン入れ

特注のご依頼を受けました。
オーク材のサイドテーブルです。

マガジンラック兼用です。

     magazine-rack-1.jpg

  特注 サイドテーブル & マガジンラック & リモコン入れ
      W500 × D250 × H450
      オーク材 オイル塗装
  

  片側が引き出しになっていて、リモコンが入るようになっています。

     magazine-rack-2.jpg

  サイズもコンパクトでなかなか使いやすそうです!

  ソファーの横に置いたら、とても重宝しそうですね。



posted by きとま at 23:54| 特注

2017年04月17日

脚折れ座卓 二月堂

先日納品した脚折れ座卓、二月堂などと呼ばれています。
旅館やお寺、和室空間で良く使われているものですが、黒塗りで天板の縁を赤く塗ってあったりします。

          二月堂机.jpg     一般的な二月堂机

お客様が来たときのサブテーブルや季節のお飾りを飾ったり、文机として使えるとても便利な
ロングライフデザインな逸品です。

そもそも、なぜ二月堂と呼ばれるかというと、
お水取りで有名な奈良の東大寺二月堂でお坊さんが食事をする食堂(じきどう)で使われたもので、
正式には二月堂食堂机(にがつどうじきどうき)と呼ばれるそうです。
本物の二月堂机はお坊さんが質素な食事をとるための卓であり、
大きさはおおよそ三分の二ぐらいのとても小さな、お膳のようなものだったようです。

  kitoma 折り畳み座卓 二月堂
     サイズ W900 × D450 × H360
     材料 国産栗材
     仕上げ 自然オイル塗装


  二月堂.jpg
      二月堂裏.jpg
   
    折り畳んで持ち運びする時の為に、籐編みの持ち手を付けました。(天板裏側中央)
  折り畳みの構造は昔ながらの卓袱台の作り方を踏襲しています。
  脚はなるべく軽くするために出来る限り細くしています。

      二月堂折り畳み.jpg


  kitoma 折り畳み座卓 二月堂  折り畳んだ状態


とてもコンパクトなサイズと何にでも使える利便性、
折りたたみ式という収納に便利な機能、
だから二月堂は日本人の生活の中に脈々と受け継がれてきたのかもしれません。






posted by きとま at 17:15| 製作

2017年04月10日

オーディオラック 折り畳み座卓 の納品

昨年家具を納品させて頂いた瀬戸市Y邸に、再び納品に伺いました。

   二月堂.jpg
   折り畳み座卓 二月堂
     サイズ W900 × D450 × H360
     材料 国産栗材
     仕上げ 自然オイル塗装

お客様が見えた時など、和室で使う補助テーブルとしてお使いになるとのこと。
移動がし易いようになるべく軽く、材料も比較的軽い栗材。
なるべく細身に作りました。
持ち運びし易いように天板の裏には籐巻の持ち手が付いています。



   横山様オーディオラック.jpg
   オーディオラック
      サイズ W560  × D600 × H600
      材料 メープル
      仕上げ 自然オイル塗装

オーディオラックは何度も打ち合わせを重ね、ジャストサイズの仕上がりです。
画像からは見えませんが、裏の配線関係もスッキリするような工夫がしてあります。

ご家族も増えて益々お幸せに!







posted by きとま at 21:45| 納品