2018年04月05日

はじめての海外出荷


初めて海外からのご注文。国際郵便も初めての経験。

慣れないことでバタバタするも、手続きは意外に簡単。

宅急便感覚。

気に入ってもらえるといいのですが。



  IMG_4254.JPG


posted by きとま at 20:02| 日記

2017年12月26日

絵馬のご依頼

毎年年末になると、工場のご近所さんから絵馬のご依頼があります。

いつも端材をそれらしくカットしてご提供しています。

子供会で来年の抱負を書いてもらうそうで、

    sIMG_4142.jpg

 昨年作った物を見本に持ってきてもらいましたが、

かわいいお願いごとが、なんだか慌ただしい年の瀬のなかホッコリした気持ちになりました。

posted by きとま at 20:21| 日記

2017年06月23日

家具から小物、そして畑にお風呂へ


 無垢の木を使って家具を作っていますが、最終的に家具になるのは仕入れた木材の6割くらいでしょうか。

 4割ほどは端材となったり挽粉になったり。

 まず節や割れ、腐り、虫食いなど使えないところを除き、

 木は生き物なので曲がったりしてて、

 曲がっているところから、まっすぐな部材を取ると当然無駄になる部分が出てきて、

 厚みなどを均一にするために裏表削りとしていると4割程はどこかにいってしまいます。

 実際はどこかにいってしまうわけではなく、その端材などでkitomaは小物を作っています。

 単なる貧乏性を日本の「もったいない」という美意識にすり替え、かなり細かいものまで使います。


     IMG_3519.JPG 
     < 端材を利用したカードスタンド >

     s-IMG_3517.jpg
     < 家具の端材 − ここからまず小物など作ります >


     s-IMG_3520.jpg
             < 挽き粉は近所の農家さんが畑にまいたりしてくれます >



     IMG_3521.JPG
             < 最終的にこれ以上は使えない端材は、ご近所さんがお風呂の薪に使ってくれてます>

  実際小物製作は手間がかかるばかりで利益にはならず、
  かなり悩ましいのですが、ただ捨ててしまうのはどうしても忍びなく、
  暇を見つけては小物も作るようにしています。

  このようにkitomaでは木を余すところなく使っています。






posted by きとま at 21:13| 日記