2017年07月08日

初夏の展示会

展示会のおしらせです。

昨年に引き続き、東京の秋葉原にてクラフトマーケットを開催します。

静岡の伝統工芸を受け継ぐクラフトマンの手仕事を、ぜひご覧ください。


しずおかクラフトマーケット

 ―静岡市の伝統工芸を受け継ぐクラフトマンの手仕事


日時:7月13日(木)〜 7月18日(火) 

時間:11時〜19時(初日は12時〜、最終日は16時まで)

場所:2K540 AKI−OKA ARTISAN

     マルチスペース及びイベントスペースA・B・C・Dエリア

     

    JR山手線「秋葉原駅」 電気街口から徒歩6分、

          「御徒町駅」 南口から徒歩4分

    地下鉄銀座線「末広町駅」出口から徒歩3分


 

 s-秋葉原.jpg

 http://www.jrtk.jp/2k540/


お時間ありましたらどうぞお気軽にお立ち寄りください。

職人が16日(日)〜18日(火)、会場にてお待ちしております。


posted by きとま at 07:48| 展示会

2017年06月23日

家具から小物、そして畑にお風呂へ


 無垢の木を使って家具を作っていますが、最終的に家具になるのは仕入れた木材の6割くらいでしょうか。

 4割ほどは端材となったり挽粉になったり。

 まず節や割れ、腐り、虫食いなど使えないところを除き、

 木は生き物なので曲がったりしてて、

 曲がっているところから、まっすぐな部材を取ると当然無駄になる部分が出てきて、

 厚みなどを均一にするために裏表削りとしていると4割程はどこかにいってしまいます。

 実際はどこかにいってしまうわけではなく、その端材などでkitomaは小物を作っています。

 単なる貧乏性を日本の「もったいない」という美意識にすり替え、かなり細かいものまで使います。


     IMG_3519.JPG 
     < 端材を利用したカードスタンド >

     s-IMG_3517.jpg
     < 家具の端材 − ここからまず小物など作ります >


     s-IMG_3520.jpg
             < 挽き粉は近所の農家さんが畑にまいたりしてくれます >



     IMG_3521.JPG
             < 最終的にこれ以上は使えない端材は、ご近所さんがお風呂の薪に使ってくれてます>

  実際小物製作は手間がかかるばかりで利益にはならず、
  かなり悩ましいのですが、ただ捨ててしまうのはどうしても忍びなく、
  暇を見つけては小物も作るようにしています。

  このようにkitomaでは木を余すところなく使っています。






posted by きとま at 21:13| 日記

2017年06月09日

オリジナルグッズのデザインから製作 「リモコンケース」

工房はすでに30度越え。これから先が思いやられます…


あるお店からオリジナルグッズとして「リモコンケース」の製作を依頼されました。

大体の寸法とイメージをいただき、詳細な部分や作りはこちらでデザイン・設計しました。

     リモコン箱.jpg


  今回は材種違いで40個ほどの製作。シンプルながら無垢の木でしっかり作っています。

kitomaでは、オリジナルグッズのデザインから製作も行っております。

お気軽にご相談下さいませ。

  
posted by きとま at 19:27| 特注