2017年06月09日

木工家ウイーク「木の家具40人展2017」無事終了しました。


お蔭さまで 木工家ウィーク 「木の家具40人展2017」 無事終了いたしました。

全国から木工家が集まるこのイベントは名古屋各地で様々な催しが開催されます。

木工に関するセミナーや講演会なども開かれ木工家同志の交流も盛んに行われます。

お互いの作品に刺激を受けたり、技術的なこと経営的なことなど話あったり。

いろいろな人の木工や家具への想いや取り組む姿勢を聞きながら、

改めて自分の仕事を振り返るいい機会となっています。


こちらのイベントの参加は4回目になりますが、今回特に嬉しかったこととして、

以前kitomaの商品を買っていただいた方から 
  
  「とても調子いいからまた買いに来たよ」
  「すごく気に入って使っている」

というお声を何人かの方から掛けていただいたことでした。

使っている商品をわざわざ持ってきて見せてくださる方もいて、大変うれしく思いました。

また、毎回来ていただいて同じシリーズを買い続けていただいている方もいらっしゃいます。

ちょっとずつ繋がりができてきたのを、実感できた今回のイベントでした。

これからも期待に応えられるよう、益々精進しようと身が引き締まる思いです。



     あかりはこ.jpg


     今回新作の 「あかりはこ」 
     電池式LEDを使用した壁掛けショウーケース。


駿府匠宿の展示は引き続き開催中です!

posted by きとま at 18:48| 展示会

2017年06月01日

今年も「木工家ウィーク」 & 「駿府匠宿 6人の若手職人展」




2つの展示会のお知らせです。1つめは・・・


ご好評いただいております、「木工家ウィークNAGOYA」が今年も開催されます。


CCI20170518.jpg


全国で活躍中の職人の作品を一度に見て、触れられる、またとない機会です。


Kitomaが参加しております「木の家具40人展」以外にも、トークショーや


椅子展(折りたたみ、スタッキング)、カトラリー展といった展示も各エリアにて開催されますので、


あわせてお楽しみいただけるイベントとなっております


s-40人展.jpg




「木の家具40人展 2017」


日時:6月2日(金)〜 6月4日(日) 


時間:10時〜18時30分(最終日は17時まで)


場所:電気文化会館5階 東・西ギャラリー


     東山線・鶴舞線「伏見」駅4番出口より徒歩2分


      名古屋市中区栄2−2−5    TEL 0522041133


詳細はホームページをご覧ください。http://woodworkers.jp/


職人が前日、会場にてお待ちしております。






そして2つめは長期間の展示となります。


じっくり御覧いただける機会となっておりますので、ぜひお立ち寄りください。


「6人の若手職人展」


日時:5月27日(土)〜 7月9日(日) 


時間:9時〜17時


場所:駿府匠宿 工芸館 ギャラリースペース


      静岡市駿河区丸子3240-1


http://www.sunpurakuichi.co.jp/takumi/



 s-若手家具職人展.jpg


                                       








posted by きとま at 00:38| 展示会

2017年05月10日

座卓修理


座卓兼こたつの修理をしました。
kitomaでは家具の修理も行っております。

こたつは無垢の木の家具には過酷な環境で、
熱と乾燥で木が痩せホゾが緩くなったようで、
今回は脚部のガタつきを直します。

脚をハンマーでたたくとホゾが抜けてきました。

      座卓修理1.jpg

   緩くなったホゾに薄い板を貼り緩むのを防ぎ、ボンドをたっぷりつけて組みなおします。
   
      座卓修理3.jpg
     kitomaでは、外国製プロ専用の強力な接着剤を使用しています。
     接着剤も昔と比べて性能もかなり高くなっているので、まだまだ長く使えることでしょう。

     クランプという圧締具で接着剤が固まるまで固定しておきます。

 
      座卓修理2.jpg

     無垢の木でちゃんと作ってあると修理が可能です。
     また、テーブルを座卓にとかの作り替えもできる場合があります。
     
     普段使うものを長く使うというのは、貴重な木材を無駄にしないですし、
     経済的にもいいことですよね。
     無垢の木の家具は、最初少し高い買い物かもしれませんが、長い目でみると決してそんなことはありません。

     長く使うほど愛着もわきますし、使うほど味が出てくるのも無垢の家具のいいところです。

     形あるもの、どうしても長くつかうとガタが来たりしますが、このように直しながら使えば、
     いつまででも使えます。

     そのためには、しっかりとした作り、直しにも耐えられる作り方、また飽きのこないデザイン。

     そのようなことを考えながらkitomaの製品は作られています。


      
     



      


     
posted by きとま at 19:31| 製作